▲top

大神・大御神【おおかみ・おおみかみ】
 現在は神社などの主神として(まつ)られる偉大な神のこととしている。大御神は、その中でも別格扱いの神様の尊称。
 だが、本来の大神は複数の神様を「1人」のように扱うこと。法律上、企業や組織を「法人」として扱うのに似ている。
 特に大きな神様のグループは「大御神」となる。

 

大国主の命【おおくにぬしのみこと】
 出雲大社の主神。国津神の代表格。スサノオ6代孫。
バシャールによる情報
 オオクニヌシは一人ではなく代々の出雲族の首長を神格化したものであるという。

 

大麻【おおぬさ・たいま】
 神道にとて重要な植物。本来は大麻繊維で縄を作り、乾燥させた皮で(しで)を作っていた。
 GHQの指示で昭和20年(1945年)に取り締まられるようになり、昭和23年(1948年)に大麻取締法ができたことで大麻由来の製品が手に入れにくくなった。そのため徐々に稲わらで()った縄や紙垂(かみしで)に置き換えられていった。
薬物としての大麻〜神道で使う大麻草と薬物に使う大麻草の違い
 大麻草には精神作用する物質──テトラ・ヒドロ・カンナビノール(以下HTC)が含まれている。
 ただし神道で使う大麻草は日本に自生していたサッティバ種で、薬物作りに使われるインディカ種とは品種が異なる。しかも日本産大麻にはTHCの薬効を打ち消すカンナビ・ジオール(CBD)という物質が含まれている。日本産の大麻草には麻薬としての効果がないため、日本では麻薬を吸引する習慣は生まれなかった。それどころか日本原生種が交じるとCBDの作用で、大麻草の薬効が消されることもある。
戦後の麻薬取締法以前
 戦前の日本において、大麻草は米に次ぐ主要作物だった。
 大麻は全国で当たり前のように作られ、衣服、和紙、油、蚊帳、漁網、鼻緒、食料など、多様な用途で利用されていた。
 昭和5年(1930年)に最初の麻薬取締法が作られるが、これは海外からインディカ種の大麻が持ち込まれないため、ならび国内の大麻農家を守るためだった。
GHQによって始まった戦後の麻薬取締法
 アメリカ人はインディカ種しか知らないため、大麻というだけで十把一絡げの取り締まりが始まる。
 すぐ現行法の大麻取締法ができて切り替わると、取り締まる側も思考停止して大麻というだけで規制するようになった。
汚染された大麻製品の輸入
 国内で大麻栽培ができなくなると、以降は中国から安い大麻製品が入ってくるようになった。だが、中国で栽培されるのはインディカ種で、そこからマリファナが作られないように薬品漬けにされて汚染がひどかった。
 そのため国内で使う大麻製品は他のものに置き換えられ、(かや)()き屋根も、漆喰(しっくい)も、麻繊維も、伝統的なやり方が消えていく結果となった。
 神事で使うものも大麻が使われなくなり、今に至っている。
建物の寿命にも影響
 大麻繊維(ヘンプ建材)は断熱性や耐久性に優れているため、西洋でもローマ時代から建材として広く使われてきた。
 戦後、日本の建物の寿命が短くなったが、これは巷間で言われてるような税制の問題だけでなく、建材に大麻が使えなくなった悪影響ともいえる。
 現在、大麻建材を使った建物復権が、世界的な運動となっている。

 

オーラ【Aura】
 体から出る霊気/霊的エネルギーが可視化したもの。光背。命の波動と解説する人もいる。
 見える人には見え方の個人差はないらしいので、解説サイトによって本当に見えてるのかデタラメを書いてるかは一目瞭然らしい。
 ただ見えない一人としては、それがホンモノで、どれが流行の俗説か判別できない。
オーラの形
  • 円形:理想的な状態。
  • たまご形:
  • 上向きの広がり:
  • トゲトゲ:怒りのあらわれ
オーラの色
  • 赤   :戦闘的、刺激的、競争心、自己中心、無慈悲、破壊心、欲望
  • オレンジ:挑戦的、リーダー精神、自制心、生産的、起業家に多い
  • 金   :もっとも良好な状態、創造的、事故探求、論理的
  • 黄色  :知的、活発、知的好奇心、目的志向
  • 緑   :社交的、世話好き
  • 青   :勤勉、忠実、親切、温厚
  • 紫   :芸術的、独創性、カリスマ性
  • 赤紫  :神秘的、慈悲深い、感性
  • 灰色  :苦労、披露の蓄積、パワー不足
天使の輪〜ティアウーバ星人からの情報
 精神的な進歩を遂げて霊格を高めていくと、頭上にある霧状のオーラが天使の輪のように発光して見えるようになる。
関連項目:チャクラ

 

オーラ・エネルギー体【Aura Energy たい】
 高次元の層構造。
 日本では魂などは肉体の内側にあると考えるが、西洋では外側にあると考える。
 
 層  層名 次元 機能 備考
0 肉体 肉体 細胞 3  物質
1 エーテル層 肉体  肉体オーラ 生体エネルギー
2 エモーショナル層 メンタル体 精神体 3.5 感情オーラ 感情エネルギー
3 メンタル層 精神オーラ 精神力、精神エネルギー
4 アストラル層 アストラル体 自分 4 知性・生き霊  
5 エーテルテンプレート層 コーザル体 家族・コミュニティ 5 魂・ハイアーセルフ 概念のみで実在しない
6 セレスティアル層 地域・県  
7 ケセリックテンプレート層 国家  
8   ブッディ体 地球 6  
9   オートマ体 恒星系 7 
10   モナド体 宇宙 8  
注:第3層と第4層が逆になっている説明も多数見られる

 

オカルト・エンタテナー【Occult Entertainer】
 オカルトを興行として扱う人たち。
 不思議な話を集めて語るだけなら良いが、エンターテインメントのために創作汚染が多いために事実まで世間ではオカルト扱いされることが多くなった。
 中でも捏造や曲解して多く語られがちなのが、先端宇宙論、先端医学、電磁気学、量子力学、核融合、カオス理論、霊魂・幽霊話などである。ここから多くのエセ科学、エセ歴史、都市伝説などを生み出し、事実を知りたい人にとっては、ひたすら厄介なウソツキ集団となっている。

 

オカルト汚染【Occult おせん】
 デマ、捏造、曲解などによる情報汚染の一種。真実が見えなくなるだけならまだしも、事実までホラ扱いされる問題を生み出している。
心霊、UFO、UMA等の写真や映像
 自然現象の誤認や撮影ミス等の原因が見つかっているものも多いが、それ以上にトリック写真やCG加工が蔓延している。
 現在、99%はウソや間違いと判明してるため、残り1%も頭から怪しいと見られている。
神話、超古代史、伝説、歴史秘話、歴史異説
 資料等で推測されるものではなく、捏造・創作された神話や伝説、歴史秘話が蔓延している。
 また歴史上の事件の異説、別仮説ではなく、勝手にエピソードを加えたり、勝手な解釈で捻じ曲げたりする例も多い。
 具体例:アトランティス文明
エセ科学、エセ医学
 科学を装って、頓珍漢な説明で事実を捻じ曲げるものが多い。特に金になる健康情報では、真実の方が少ないかもしれない。
 おかげでまっとうな技術や仮説なのにオカルト解釈の方が強く流布されるために、信憑性を奪われてオカルト扱いされてきた科学理論も少なくない。

 

お茶と真水【おちゃとまみず】
 体内の波動エネルギーを惑星に順応させる作用がある。
 真水だけでも体内の電磁バランスを整え、同時に生理的な解毒作用がある。
 お茶にすると飲みやすいだけでなく、植物によるヒーリング効果を得ることができる。
ミネラルウォーターはダメなのか?
 過剰なミネラル分は波動を乱すため、硬水はヒーリング作用を破壊する恐れがある。
 お茶は軟水で淹れないと美味しく飲めないため、水がお茶に合うかどうかが真水の目安にもなる。

 

【おに】
 日本三大妖怪の一つ。

 

鬼の管理人【おにのかんりにん】(仮置き)
 輪廻転生について調べた時に出てきた、姿形は鬼のような存在。
地球を監獄惑星として利用?
 プレアデス人の輪廻転生システムとは、まったく違う生まれ変わりシステムを地球へ持ち込んでいる。→考察ページ
死後の世界で登場
 臨死体験やあの世の話で、他の人たちとは違う体験談を語るグループがある。
 彼らの共通点は、死後の世界は1年ほどで、あの世には手帳型の紙幣があったという話がある。
レオナルド・ダ・ビンチも会っている
 ダビンチは20代の時、2年半ほど行方不明になっている。その間のスケッチに異形の人々が描かれていた。
 ダビンチは下絵でも総作画を描かないので、この異形のスケッチだけが例外の創作とは思えず、実際に鬼のような醜悪な顔の異星人に会っていたのかもしれない。
エイリアン・インタビューからの情報
 西暦1309年に地球を金融支配する銀行システムを作り上げ、その後、各国に武装と戦争を推奨して恐怖支配する死の商人の仕組みを完成させた。
 イーブ人が体を乗っ取った要人が彼らの介入で暗殺、革命やクーデターで殺されるため、地球の支配を面倒なものにしている厄介な存在らしい。
この存在はお金好き?
 銀行システムを作って地球を金融支配したり、あの世でもお金を発行したりと、この存在はお金が大好き……なのか?
管理人の考察
 イーブ人が世界の要人の体を乗っ取って間接支配するように、この鬼はユダヤ資本家の体を乗っ取って地球を金融支配してるのだろう。
 ユダヤ人の知能指数が目立って上がり始めたのが9世紀頃と言われるので、このあたりにやってきて地球を監獄惑星にする下準備を始めたと思われる。
 銀行システムならび利子経済を完成させた14世紀末頃から、地球を監獄惑星として流刑者を送り込み、死の商人たちの仕掛ける戦争で、多くの流刑者たちに地獄の責め苦を与えていると考えられる。その一方で送り込まれた流刑者たちが、地球でルネサンス、産業革命などを起こして文明発展に貢献してるという流れが考えられる。
純粋なユダヤ人、日本人は乗っ取れない
 血統、霊統とも純粋な家系のユダヤ人、日本人はプレアデス系の神々が管理してるので、彼らの肉体を乗っ取るのは鬼どころかイーブ人にもできない。ところが周辺民族と混血した家系となると、純粋さが薄いほど乗っ取りがしやすくなる。
 まずは偽ユダヤ人と呼ばれる人たちを鬼の神が乗っ取って支配システムを完成させ、その後、『獣の人民』用の肉体に流刑者の魂を放り込んで責め苦を与えるという支配をしているのだろう。

 

オフィル星【Ofil せい】
 何千年も昔、大陸が沈む大災厄が起きた時、救済に入った宇宙人によってアブダクトされた人たちの避難先。
 太陽系からは遠く離れている。略図からは銀河円盤で90度以上離れているらしい。
沈んだ大陸はどこ?
 明言はされてないが、おそらくレムール大陸のことだと思われる。

 

オムネク・オネク【Omnec Onec】
 20世紀初頭に地球で亡くなったあと、金星に転生したという女性。1950年代に地球へ来訪し、1991年より活動する。
 太陽系からは遠く離れている。略図からは銀河円盤で90度以上離れているらしい。
沈んだ大陸はどこ?
 明言はされてないが、おそらくレムール大陸のことだと思われる。

 

オリオン人【Orion じん】
 聖書等で語られる悪魔の正体。イーブ人の可能性が高い。
 スピリチュアル系の情報では、ネガティブな宇宙人勢力とだけ説明してるものもある。
地球を陰で支配している
 スピリチュアル系の情報では、オリオン人は代々主だった為政者の体を乗っ取って地球人を支配してきたらしい。
 近年は経済力と民主主義で影の権力者に取り憑き、金融支配によって目立たないように市場を支配してるらしい。

 

オリオン大戦【Orion たいせん】
 大昔に行われた宇宙戦争とされるが、実際は決着がついてないため現在進行系で戦い続けているようだ。
 エイリアン・インタビューからの情報によると最初に戦争が始まったのは地球で、紀元前6,200年頃。現在のカシミール地方であるらしい。

 

オリオン腕【Orion わん】
 地球にもっとも近い場所にある天の川銀河の腕。ただしメインの4本の腕ではなく、局所的にできた小さなもの。
 地球はこのオリオン腕の内側に漂う薄い星雲の中にある。

 

オリハルコン【orichalcom】
 超古代文明が利用したと伝えられる幻の金属で、かなり多用されていたらしい。
 エドガー・ケイシーのリーディングにも登場。アトランティス文明の3度目の破局前の技術でのみ言及される。
古代文献の記述
 多くの古代文献に同一と思われる金属の記述がある。主なものは以下の通り。
 竹内文書──ヒヒイロカネ
 古代ギリシャ、ローマの文献──オレイカルコス(Óρεíαλκος、oreikhalkos)
金属の特徴
 オリハルコンの語源が「銅鉱山」であることから、真鍮、赤銅、青銅、黄銅鉱などの銅合金と考えられる。
 プラトンの「クリティアス」では金色であったと書かれてるので、黄銅鉱(銅と鉄の混合硫化物)と思われる。真鍮(銅と亜鉛の合金)の可能性もあるが、これはサビですぐ黒くくすむため、金色に輝かせるには常に手入れが必要な欠点がある。
 一方で竹内文書では「ヒヒイロカネ/緋緋色金」で赤みのかかった金色とあるので、10円玉のような青銅かもしれない。

 

オルバースのパラドックス【Olbers の Paradox】
 宇宙が無限に続いているとしたら夜空は今のように暗くはならず、明るくなるはずという逆説。
 星の明るさは距離の2乗に反比例して弱くなる。一方で星の数は距離の2乗に比例して増えていく。つまり差し引きゼロ。ゆえに宇宙が無限に続いていたら暗い部分がすべて埋まり、どこを向いても光っているはずという理屈。
 ここから定常宇宙論が否定されている。
パラドックスへの反論
 現在、この逆説はビッグバン宇宙論を信じる人たちが定常宇宙論を否定するためのプロパガンダ的な理屈になっている。
 しかし1950年にオルバースがこの問題を著述するよりも前──1926年に、定常宇宙論から宇宙背景放射の仮説が出されている。
 それによると遠方にある星は星間物質によって、いつかは見えなくなる。それでも星間物質を通り抜けてくるマイクロ波は観測でき、これは宇宙のどこからでも等しい強さで観測されると見積もられた。
 この背景放射放射は1930年にドイツのエルンスト・レゲナーが、現在の測定値に近い2.8Kを理論的に導いている。
 なお、1964年に背景放射が発見される直前、ビッグバン宇宙論が予測していたのは6Kで最低でも5K。対立仮説との予測差が1桁を超えているのは、本来は致命的な負けであるはずだが……。