Chemical Formula Editor「化学構造式」を、パソコンで作りましょう。

解説をご覧になるには、 次の 化学構造式2 へどうぞ!

 化学構造式は、CAD機能を使って作りますが、CADを最初から覚えても、実際に使う部品類を自作する作業は、かなりの仕事量が必要です。こちらの方も、私設応援団が「カルキングの作図機能」を使って「部品類」を提供し、使い勝手を説明した「デジ本」を作りました。

 そのPRで、作図例をご覧に入れます。

@ キノリン

A フラン

B グリセリン

C 酢酸

D アリザリンレッド

E コルヒチン

F 蔗 糖

立体構造もあります。二重結合は「オリジナル」です。ご不満があれば読者の皆さんにご指導いただきたいところです。

G プロパン

H 酢酸 メチル基が遠景で、カルボニル部分が近景です。

 こんな電子構造式もできます。これは硫酸イオンです。

 潟VンプレックスのHome Page: http://www.simplex-soft.com もご覧下さい。

 

 トップページ へどうぞ 

目次 へ戻る

次ページ へ進む