「カルキング」の中で、同じ式から作った3D関数グラフを、視点を変えながら順次貼り付けます。次に、一連のアニメーション素材として、 .gifファイル形式で保存しておきます。
 今回の場合は、素材が小さな乱れを与えたものなので、視点を横方向に回転させるだけにしました。

 花は、「タンポポ」か「ガザニア」と言ったところでしょうか。3D花形曲線は線グラフで、花弁を1枚ずつ縁取りながら描いていまです。

 如何ですか! 図形は、3Dの関数グラフで作ったものです。視点を変えただけですから、どんなイラストより精度はいいことになります。
 これなら、3Dのグラフが、設計上本当に3次元でグラフを捉えたものだと言うことも、ご理解いただけると思います。

 カルキングの3Dグラフは、web素材としても、結構面白いでしょう !

次のページ へ進む

目次 へ戻る