HP関連で知っておきたいこと

 

 Home Page 関連での常識として知っておきたいことを書いてみます。書いている人が、常識を知っているのか? と聞かれれば、まだ駆け出しで、勉強しながら、教えてもらいながらですが、そのレベルの常識です。うまくいけば、本物になれるかもしれません。

 良くご存知の方が覗いて、これは忠告をしてやらないと! という場合は、メールでお叱り頂けば、助かります。

 

1. HPの本体部分は、HTML言語で作られています。

a.       ワードを使って、HTMLを指定して書いていると、特に意識しなくても、Home Page ができてしまいます。

b.      実際は、ワードが「入力されたものと同じ表現ができるように、HTML 言語の書式に」翻訳してくれるのです。

c.       どんな言葉か興味をお持ちの方は、このようにして作ったファイルを保存した後、メニューバーから、表示 HTMLソース と指定すると、別のウィンドウが開いて「<html ・・・」という記述から始まり、少しいくと「<title>・・・</title>」の部分に、タイトル名が設定されています。

d.      HTML 言語で直接入力する場合は、記述内容がかなりコンパクトにできますが、ワードのような翻訳機を使うと、かなり行数が多くなり、タイトル以降の本文を見つけるのも大変に見えます。

e.       この言葉を知らなくても、殆どの作業は、できてしまいますが、初心者の場合でも、最初に、「来訪者カウンタ」を付けようとすると、使う必要が出てきます。「<title>・・・</title>」の部分に出てくる、< > とで括られた部分を、タグといい、「タイトル始まり・・・タイトル終わり」として処理する、といった具合です。

f.        以上に関連した作業を教えて下さる人は、「トップページ(index.htm) Windows メモ帳、等 で開いて、カウンタを起きたい場所へ指定通りのタグを置いてください」といった具合に仰います。始めて、HTML を見た人には、かなりのパニックになりますが、暫らく唸っていると何とかなります。

 

 2. HP作成作業中に見ているのはエディタ上のものです。

a.      苦労して作ったページをアップロードした結果が、思惑と少し違う場合があります。文字や図形の配置がInternet Explorer の方が余分なスペースが必要で、うまくページの中に収まってくれないことがあります。

b.      これは、「エディタ」という重箱の中へ押し込めても、本番は、それに良く似た仕上がりを目指したとはいえ、翻訳機が介在しています。細部まで合わせることは無理です。

c.       どうしても設計通りにしたいなら、生のHTML言語で作業し、しかも、細かいところまで計算付くで、ねじ伏せればできるでしょう。しかし、「そんなことは無理」と割り切った方が良さそうです。

 

3. HTML 言語では、多少の例外を除き、半角英数小文字です。

a.      HTML の場合、引用する表示用文字列以外は、全て、「半角英数小文字」と覚えておくといいでしょう。

b.      < > とで括られた「タグ」は、全て、半角英数小文字 だと思われます。中身が‘/’付きのものは、処理終了を意味します。

c.       初心者にとって重要なのは、引用されるファイルに付けられたファイル名(及び、拡張子)が、全て、半角英数小文字で作られていることが必要だということです。

d.      これをHTML 文書から引用する際は、そのままの文字列で入力されたものを使うことが要求されます。一方が小文字であることを確認しても、他方で大文字を使っていたら、引用したものを参照表示することが、絶対にできません。

e.       例外の話をしておきます。E-mail アドレスを小文字だけで作ることは、いまや常識化と思っていると、やや古くからやっている人のものは、大文字交じりです。この場合は、大文字を使うのが当たり前です。

f.        ワードで作成したファイルの場合は、「表示用文字列」を 「MSゴシック」 のように、フォント指定する部分がありますが、和文フォントは、ダブルクオーテーションで括る中身を、全角文字にするのがいいようです。(これは、ワードが勝手にやってくれるので、覗いたついでに半角文字に修正してはいけないということです。)

g.      タグとタグの間に挟まれる「表示用文字列」は、全角でも半角でも好きな文字を書けそうでますが、これも、原則的にということで、半角カタカナと、JISに登録されていない丸付き文字などの、外字登録文字類は、まともに表示されません。

 

 この辺の話は、HPを作って、ベテランの先生方に教えてもらうようになってからでも間に合うかもしれません。

 

 目次 へ戻る

 前のページ へ戻る