2002/09/05(木) 今になっても印象深いのは?

 チョット離れていたけど、サッカーの話題も少々。

 日韓W杯で、一般人、特にサッカーもほとんど分からない女性とかの中で、今でも印象に残っているのは、
どんなもんなんだろうね?自分が推測するに、1番は当然、日本代表だろう。Jリーグにどんなチームがあるか、
ろくすっぽ知らない人でも、鈴木隆行や戸田和幸や宮本恒靖・・・などなどの顔は、脳裏によく刻まれているだろう
と思う。

 2番目は、やはりイングランド代表のベッカムだろうね。ヤツの容姿は、フットボールプレイヤーの中では別格だ。
あ、一応シャレね。流されるとツラいから・・・もう「ベッカム様」だったもんね。これも各々がよく知っていると思うので、
ここでは特に取りあげません。

 で、日本代表はベスト16で、ベッカム様のいるイングランド代表は、ベスト8で姿を消しちゃったんだけど、クローゼ
じゃあチョット女性人気はなぁ・・・と思っていたら、トルコのイルハンが、瞬く間に出てきて、女性人気をカッさらって
いった。顔は確かにカッコいいと思ったけど、あの髪型(一説のよると、「一休さん」に出てくる「さよちゃん」みたいな
髪型らしい)は、どうなんだよ?と思っていたが、W杯最後の方は、女性雑誌なんか、イルハンの表紙ばっかりだった
のね。

 まぁやっぱり、女性はイイ男に弱いわけでして、更に細分化していくと、モロいい男系の韓国代表、安禎恒(アン・
ジョンファン)とか、ワイルドな容姿と、言い訳しないで堂々と戦う姿勢を貫いたドイツ代表、オリバー・カーンとかも、
人気があったよね。イタリア代表のイケメン軍団(といっても、イケメンなのはデル・ピエロくらいなんじゃないの?)
とか、数あれど、一番重要な、優勝をしたブラジル代表、特に、速さ、強さ、面白さを持ち合わせた「3R」(ロナウド、
リバウド、ロナウジーニョの3人)は、まずそういう話題にはあがりませんわね。ロナウドの「大五郎カット」が、笑いの
ネタになった事くらいだもんな。

 自分も容姿にはどうこう言える立場ではないんだけど、全体的に南米系は、女性人気が低かったような気がする。
そんな中オススメしたいのが、パラグアイ代表のストライカー、サンタクルスと、ウルグアイ代表のGK、カリーニです。

 だから何だっていうんだろうね?今日の話は。

2002年9月の目次に戻る


何かありましたら、こちらまでメールしてくださいませ。

まー軍団 主宰:まー(Mar)