【2年目の記事】

 

3月は、過去最高の日照時間を記録し、さらに過去最高の発電量を記録した。やはり、この時期は晴天が続くため、発電量も多くなるようだ。

4月は、暖かい1日から始まったと思うと、冬へ逆戻りかと思うような寒さもあり、雨の日も続いた。しかし、ある程度の日照時間が確保できたため、発電も3月並にあった。昨年と比べると、日照時間がわずかに多いが、発電量はそれ以上に確保されている。晴れてればかなりの発電がされるという証だろう。

5月は、晴天が続き、過去最高の日照時間と発電量を記録しました。5月だけで、過去の総発電量の1割を発電したことになります。すごい!やはり、日照量せ確保できれば、これだけの発電量が得られるんですね。太陽光ってすごい。

6月は、入梅が遅れて、しかも雨の日も少なく、昨年以上に日照時間が多かったため、発電量もかなりありました。

7月は、台風4号に始まり、梅雨明けが遅れて、日照時間が非常に少なかったため、発電量も昨年並みです。

8月は、過去に例を見ないほどの猛暑に見舞われましたね。皆さん、体調を崩されませんでしたでしょうか。連日のように気温が30度を超え、中旬には2週間続けて35度を超えるような猛暑が続きました。雨が降ったのは最後の週くらいでしたね。そのため、日照時間は、過去にないほど多かったです。

8月も最後の週になると、秋を思わせるように急に気温が下がり、晴れの日も途切れました。

9月は秋の長雨で日照時間が期待できないかも、と書きましたが、まさにその通り。残暑は続きましたが、ぐずついたお天気が多かったですね。暑い日と寒い日の気温差もかなりあり、これまた体調を崩された方もいたのでは。

10月は、秋晴れといえる日がそれほど多いとは思えないくらい、晴天の日が少なかったように思います。これからは、太陽の高さがかなり低くなってきますので、発電量もそれに合わせて下がってくると思われます。

11月は、日照時間は10月よりは多かったものの、太陽の高さが低くなってきているため、発電量は10月ほどはいきませんでした。昨年並みです。これからは、さらに太陽の高さがかなり低くなってきますので、発電量もそれに合わせて下がってくると思われます。

12月は、日照時間は一昨年よりは多かったので、発電量も一昨年を越えました。

1月になって、天候が不安定で雪の日もあり、太陽光に恵まれませんでした。

2月は、結構寒い日がありましたが、日照時間は昨年よりは多かったみたいですね。発電量も昨年を越えました。

この1年間のほうがその前の1年間よりも、より多く発電できました。やはり、日照時間が多いと発電するんですね。

 

 

※ 地球環境に優しい製品をご紹介します。

  よろしければ左のアイコンをクリックして詳細をご覧下さい。

 

 

エコデパは、水の浄化、土壌の再生、森林の育成をテーマに、

 地球環境改善商品を提供。環境と健康に特化した優れた商品のデパート。