【初年度の記事】

 

3月、4月は、まだ太陽の高さも低いのですが、日照時間が充分あったせいか、発電量もなかなかのものでした。

5月は日照時間は短いものの、澄みきった空から注がれるたくさんの太陽光線が発電を促したと思われます。

6月、7月は、ご存知のように長雨が続き、日照時間も非常に短かったですね。しかし、太陽光線の力が強くなり、曇りの日でもかなりの発電をしてましたので、結果的には思ったほど発電量に落ち込みはありませんでした。

8月は、真夏の太陽が照り付けて、日照時間も伴って、かなりの発電量を記録しました。

9月は、秋の長雨の為、日照時間が短かったですね。太陽の高さもかなり低くなりましたので、発電量も思ったほど伸びませんでした。

10月は、第1週は雨が続き、どうなることかと思いましたが、それ以降は晴れの日が続き、発電が期待できそうでした。しかし、日照時間が9月より延びたにもかかわらず、実際の発電量は余り延びませんでした。やはり、太陽の高さがかなり低くなって来ているのが原因かと思われます。

11月は、10月とほぼ同じ日照時間でしたが、発電量はかなり落ちました。太陽の傾きが一段と低くなった感じですね。

12月は、11月より日照時間は延びたものの、発電量は落ちています。冬至を迎えて太陽光が一番弱い時期になりましたので、これでも頑張った方ではないでしょうか。

1月は、この1年間で一番日照時間が長かった。そのためか、発電量も7月と同じくらいになった。これからさらに太陽が高くなり日照時間が増えると、発電量も比例して増えていくと思われる。

2月は、1月に増してこの1年間で一番日照時間が長かった。ただ、発電量は思ったほど伸びなかった。まだ、太陽光線の力が弱いみたいだ。

 

 

※ 地球環境に優しい製品をご紹介します。

  よろしければ左のアイコンをクリックして詳細をご覧下さい。

 

 

エコデパは、水の浄化、土壌の再生、森林の育成をテーマに、

 地球環境改善商品を提供。環境と健康に特化した優れた商品のデパート。