猫あっちいけ3号野良猫撃退機の開発

私は、別に猫が嫌いというわけではありません。 強いて言えば犬の方が好きで、以前はヨークシャーテリアなんて飼っていましたけど。

しかし、10年前から、当家の猫の額のような、しかし大切な芝生に、オシッコをしたり、ウンチをしたりする野良猫が絶えません。 不衛生ですし、芝が、その部分だけ枯れてしまいます。 近所で、「外猫」と称して、野良に餌をやる人がいて、増えるばかりです。 そこで、「乱狂太郎の電子工作バイブル」という本を参考に、猫の嫌いな超音波を発生する機械を作って、「野良猫立ち入り禁止」区域を作ってみました。
猫の習性から、24時間、歓迎されていないと明確に主張することにしました。 猫あっちいけ1号は、18kHz〜24kHzの超音波を20Wのアンプで、2本のFostex スーパーツィータに供給し、強力無比なものでしたが、そのカバー範囲以外で被害が出たので、小型のソーラーパワー式を作りました。
元になったのは、ホームセンターで安売りになっていた、ソーラーガーデンライトです。
メーカは、AGRIP と言うところで、井関農機・川崎重工グループだそうです。
ソーラーパネルは、ジーメンス、赤色LEDのマーカーライト3個と、焦電型センサーによる10Wハロゲンライト点灯装備です。
安いのと高いのがあり、安いのは4Wの蛍光灯、高いのはハロゲンライトで、前者は単三5本、後者は単二5本のニッカドが内蔵です。
後者のハイパワー型を買いました。 在庫処分で7400円でした。

最近安く売られているのは、高輝度白色LEDになってしまいましたので、こうした馬力のある奴は駆逐されつつあるようです。

中は、こんな感じで、基板には14PのIC2本、8PのIC1本、TR2本、ダイオード10本、うち1本はzener。
抵抗は、35本、個体タンタル4本、ケミコン5本、セラミック5本、リレー1本、等々、豪華絢爛仕様です。 ROCともChinaとも書いてありませんので日本製?

太陽電池パネルと、充電電池、耐水ケースを利用できます。 個別に買うより安いと思います。


ソーラーパネルは、かなり大きなものが入っています。
夏の晴天時に1Wの出力があるシーメンス単結晶シリコン型ソーラーパネルとの事です。 充電電池は6.2V 1.6A/h ですから、単純計算で10W程度。 満充電には晴天で2日掛かると説明書に書かれています。
今回の回路は、電池の部分で測ると40mA程消費しますので、電池が定格として40時間動作と言うことになります。

中身は全部取っ払って、こんな感じに、元の取り付けピンを使用して基板を取り付けました。 元の基板が大きいので、ゆったりと組みました。 DIPは、左から、NE556, 振動子ドライブ用の4069,TDKの5V-12VのDC-DCコンバータです。 バッテリーの電圧、6.2Vと、DC-DCコンバータ使用での12Vをジャンパで切り替えられるようにしました。 何しろ、基板が広いので、色々載せました。

振動子のドライブも、どの程度必要か判らないので、富士セラミックのマニュアルに載っていた4069インバータを2セル並列のBTLを真似して、せっかくチップ内に6セルあるので、3セル並列ドライブです。 効果が少なければ、振動子を2個並列とか出来そうです。

下の銀色の円筒が、富士セラミックの防水型40kHz振動子です。

ドライブ波形は、矩形波なので、相当嫌な音が出ていると思います。 スペアナで見ると、18kHz〜23kHzの間でスィープしているようです。
もう少し、広くスィープさせたいのですが、上手く行きません。
NE555/556のFM変調端子の電圧を変化させているのですが、内部でバイアスが懸かっているので、工夫が必要なようです。


こんな感じに、日当たりの良いエアコン室外機の上に設置しました。

今日は、雨、時々曇りですので、充電は出来てないでしょう。
基本的に、雨の翌日の晴れの日の夜に猫君が遊びに来るので、

雨の日は動かなくても問題ありません。

元々防水ではなく、上からは浸水しないようにカバーが掛かり、下には排水、換気口が開いているという構造です。
充電しているかどうかのモニタを設置したいところです。

猫の額の当家の芝には、色々な野鳥が遊びに来ますが、設置してある真ん前で遊んでいますので、影響は無いようです。 人間の方はと言うと、、私にも妻にも聞こえないのですが、小学生の子どもは、キュィーンという音が聞こえると言っています。 若い人には聞こえるようです。


回路図は、こんなかんじです。 (6月25日改訂)
しかし、実際に使ってみると、梅雨時と言うこともあり、充電不足気味なので、結局、12VのDC-DCコンバータは外して、電池の6.2Vで動作させています。 効果の程は、見張っていないのでどの程度か不明ですが、一応芝の枯れは収まったようです。
週末に、定点観測の江ノ島に持っていって見たいと思います。 05JUL03


Return